ホーム ご注文 サイトマップ 送料等 お問合せ

ユシロ化学 ベクトルダッシュ

ホーム > ユシロン > ワックス > ベクトルダッシュ
お問合せ
アクリル系樹脂ワックス
ベクトルダッシュは【ワックス塗布回数減!!】【作業時間短縮可能!!】【はくり周期延長可能!!】【写像性・光沢UP!!】を実現し、「品質アップ」と「コストダウン」を両立することでビルメンテナンス業のみなさまのお悩み解決に役立つワックスです。

環境ホルモン対応 
環境省「内分泌攪乱作用を有すると疑われる化学物質(65物質)」を原料として使用しておりません。
シックハウス(スクール)に配慮 
シックハウス(スクール)の原因にあげられた「厚生労働省指針値該当成分(13物質)」については、これらを原料として使用しておりません。
PRTR法対応
PRTR法に該当しておりません。
リサイクル可能な容器採用 
リサイクル可能なポリプロピレンペール缶を採用し、使用済み缶の回収システムができました。詳しくは当支店、営業所へお問い合わせください。
標準塗布量の目安75u/L (平成22年4月販売開始)
作成時点のメーカー希望小売価格 18L 22,575円
当店売価 
 平成25年12月19日まで
 前払特売 11,179円、前払以外 12,297円 送料 ゆうパック60サイズ
 平成25年12月20日以降→お問合せ
参考価格ですので、ご注文数量やお届け先で変わりますのでお問い合わせ下さい。他店より高い場合はご相談下さい。都度計算しますので、お電話でのお問い合わせはお答えできません。
質問

Q 1: なぜ一層仕上げが可能なのですか?
A 1: ベクトルダッシュは高濃度タイプなので、洗浄後1層塗布で高い美観が得られます 。

Q 2: 1層塗りでもきれいに塗れますか?
A 2: ベクトルダッシュはレベリング性に優れていますので、平滑でボリューム感のある皮膜を形成できます。

Q 3: なぜ、はくり周期が延長できるのですか?
A 3: 膜厚コントロール型表面洗浄剤ハイブリッドクリーナーとの組み合わせにより、「ロングライフメンテナンス」が可能となります。詳しくは→

Q 4: ベクトルダッシュは商業施設のような歩行量の多い施設に向いてますか?
A 4: ベクトルダッシュは高光沢かつ、優れた耐久性が持続します。傷の入りにくいポリマー設計のため、擦り傷に強いのも大きな特徴の一つです。

Q 5: ベクトルダッシュの、はくり性は良いですか?
A 5: ベクトルダッシュはハイブリッドクリーナーと組み合わせて使用することで、適度に皮膜を溶解しながら、ビルドアップを防ぐことができます。よって、はくりする時にも楽に作業が行えます。

Q 6: ベクトルダッシュが使えない床材はありますか?
A 6: リノリウムなどはくり剤の使用で困難なところには、使用ができません。また、UV硬化型樹脂などでコーティングされている床材には密着しずらい可能性がありますので、予めご確認の上ご使用ください。

Q 7: ベクトルダッシュのサンプルはありますか?
A 7: 当社営業もしくは、販売店へご依頼ください。または「お問い合わせフォーム」よりご依頼ください。

Q 8: ベクトルダッシュは、ハイブリッドクリーナー以外の表面洗浄剤は使えないのですか?
A 8: 他の表面洗浄剤も使用出来ます。ただし、膜厚をコントロールしながらはくり周期を延長させたい場合には、より皮膜溶解力の強いハイブリッドクリーナーをお勧めします。

Q 9: ベクトルダッシュは、病院等でも使えますか?
A 9: ベクトルダッシュは耐アルコール性に優れていますので、病院での使用に向いています。

Q10: 作業時間が短い場合が多いです。ベクトルダッシュの乾燥性はどうですか?
A10: ベクトルダッシュは即乾タイプです。しかも高濃度タイプの為一層塗りが可能です。作業時間の短い現場には最適です。

シックスクールとは?

学校施設を含め建物の高断熱・高気密化により、建材や内装材、教材や備品などから放散する揮発注化学物質による室内空気汚染により、生徒や教職員の健康に被害を及ばす現象のことです。

疑惑物質は?
厚生労働省がシックスクール疑惑物質として室内濃度指針値を発表している物質は「ホルムアルデヒド」「トルエン」「キシレン」など現在13物質があります。

症状は?

頭痛や喉の傷み、疲労感など様々な症状を引き起こします。

環境ホルモンとは?
環境中に放出された化学物質が体の中に入り、私たちが持つホルモンと同じような働きをしたり、ホルモンの働きを邪魔する化学物質の総称です。各細胞に遺伝子レベルの影響を与えて、生物存続の危機に陥れるといわれています。疑惑物質は?
環境省より、内分泌撹乱化学物質として現在65物質が疑われていますが、これらの中には、PCBやDDT、ダイオキシン類のほか、界面活性剤の原料であるノニルフェノール、ポリカーボネート樹脂の原料であるビスフェノールA、塩化ビニル樹脂の可塑剤に用いられているフタル酸エステルといった現在も広く使われているものも含まれています。人体への影響は?
どのような影響を生体に与えるかについては未解明な部分が多く、現在も研究が進められています。

PRTR(環境汚染物質の排出および移動登録)法
PRTR(Pollutant Release and Transfer Register:環境汚染物質排出移動登録)とは、有害性のある多種多様な化学物質が、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握し、集計し、公表する仕組みのことです。日本では1999(平成11)年に制度化され、毎年どんな化学物質が、どの発生源から、どれだけ排出されているかを知ることができるようになりました。

疑惑物質は?
発がん性や生物に奇形、生殖機能の異常などを引き起こすなど、人の健康や生態系に有害な恐れがある化学物質や、オゾン層を破壊する物質としてダイオキシン類、ベンゼンなど、「第1種指定化学物質354物質」が上げられています。

目的
事業者による化学物質の自主的な管理の改善を促進し、環境の保全上の支障を未然に防止することです。

対象事業者
業種、従業員数、対象化学物質の年間取扱量などで一定の条件に合致する事業者となります。*ビルメンテナンス業は対象外です。