ホーム ご注文 サイトマップ 送料等 お問合せ

プロテクトゼロ

ホーム > ワックス・仕上剤 > 環境対応 > プロテクトゼロ
お問合せ

プロテクトゼロは有害物質、重金属、PRTR報告義務をゼロにして、人と環境を守る世界初の床用樹脂仕上剤です

有機リン系化合物ゼロ|シックハウス症候群嫌疑物質ゼロ|環境ホルモン嫌疑物質ゼロ|PRTR法の報告義務ゼロ|重金属ゼロ

有機リン系化合物ゼロ

一般的な樹脂ワックス(フロアポリッシュ)は塗った時、ムラになったり、乾燥後、皮膜が粉末にならないように有機リン化合物(TBEP)が配合されています。
厚生労働省の調査では、反復投与により、粘膜への刺激、神経毒性や肝臓異常(状)など、他の有機リン系化合物と同様の症状が現れるという報告もあります。

有機リン系化合物が配合されていない「プロテクトゼロ」は安全性が高いフロアポリッシュといえます。

シックハウス症候群嫌疑物質ゼロ

シックハウス症候群とは、住宅の高気密化、ダニ・カビなどのアレルゲンや建材・内装材に含まれる化学物質などによる室内空気汚染が原因となり、居住者の体調が不調になることをいいます。症状としては目の痛み、吐気、頭痛、アトピー性皮膚炎、身体疲労、ストレス、情緒不安定などがあります。また、発生場所によりビルであればシックビル症候群、学校であればシックスクール症候群と呼ばれることもあります。
室内空気汚染物質として、屋内の建材や家具などに使われている接着剤、防腐剤、防虫剤、塗料、コーティング剤などの材料から揮発される揮発性有機化合物(VOC)が問題視されており、それに関連した新聞の記事などから社会問題となっています。
このようなことからシックハウス症候群対策として2種類の化学物質の使用の禁止・制限することを盛り込んだ建築基準法や都市計画法の一括改正法が成立し公布されました。
厚生労働省の「シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会」においてもVOCの13種類について室内空気濃度の指針が策定されました。その中で樹脂ワックス(フロアポリッシュ)に関連する物質も含まれたおり、次のようなものがあります。

ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン、エチルベンゼン、スチレン、クロルピリホス、フタル酸ジ-n-メチル、テトラデカン、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル、ダイアジノン、アセトアルヒド、フェノブカルブ

個人の化学物質への感受性の違いにより指針値以下でも発症することもあれば、指針以上でも発症しないこともあります。

プロテクトゼロは室内空気濃度の指針値が示された上記13物質は使用していません。

環境ホルモン嫌疑物質ゼロ

環境ホルモンとは、環境中に存在して動物の体内のホルモン作用を撹乱するような化学物質のことです。
環境庁(現、環境省)が発表した「環境ホルモン戦略計画SPEED'98」で取り上げられた環境ホルモン作用を有すると疑われる化学物質リスト(65種)の中にはDDTなどの農薬類、プラスティックの可塑剤として使われているフタル酸エステル類、樹脂の合成原料として用いられているフェノール類、有機スズ化合物、PCBなどのほか、ダイオキシン類も環境ホルモンの働きをするものと考えられます。

プロテクトゼロはこれら外因性内分泌撹乱物質いわゆる環境ホルモンと疑われている物質は原料として使用していません。

PRTR法の報告義務ゼロ

1992年国際環境会議(地球サミット)で化学物質の適正な管理のための課題がまとめられました。1996年経済協力開発機構が加盟各国に対してPRTR(Pollutant Release and Transfer Register:環境汚染物質排出・移動登録)を導入するように勧告しました。これを受け日本でも「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(PRTR法)」が成立しました。
その目的は人体や環境、生態系に有害の恐れがある化学物質について環境中(大気、水、土壌)への排出量及び廃棄物に含まれて移動する量を、事業者が自ら把握し国に対して届け出ると共に国は届出データに基づき、排出量、移動量を推計し公表することです。
一般的にビルの管理・清掃に使われる化学品の中に含まれる第一種特定化学物質は以下のものが挙げられます。
・亜鉛の水溶液化合物【政令番号1-001】 樹脂ワックスの耐久力を高め耐洗剤性と除去性のバランスを得る亜鉛化合物。
・フタル酸ジ-n-メチル【政令番号1-270】 樹脂ワックスの可塑剤として使用される。
・ポリ(オキシエチレン)=アルキルエーテル(アルキル基の炭素数が12から15までのものの混合物に限る)【政令番号1-307】 樹脂ワックスの乳化剤、洗剤の主原料として使用される。
・ポリ(オキシエチレン)=オクチルフェニルエーテル【政令番号1-308】 樹脂ワックスの乳化剤、洗剤の主原料として使用される。
・ポリ(オキシエチレン)=ノニルフェニルエーテル【政令番号1-309】 樹脂ワックスの乳化剤、洗剤の主原料として使用される。

PRTR法対象者となる事業者が下のいずれかの対象品を取り扱う場合、報告義務が生じます。
・第一種指定化学物質を1パーセント以上含んでいる製品。
・第一種指定化学物質の中の特定第一種指定化学物質を0.1パーセント含んでいる製品。

プロテクトゼロはこれらに該当しないため報告義務対象商品ではないので報告義務は全くありません。

重金属ゼロ

フロアポリッシュ(樹脂ワックス)には性能を高めるために金属架橋という技術が導入されています。
金属架橋という技術はフロアポリッシュの主原料であるアクリル樹脂系のポリマーの分子間を金属で繋ぐ技術のことで、この架橋に使用されている金属は重金属の亜鉛が主流です。
亜鉛は人間にとって必要な元素といわれてますが、植物や微生物、魚類に対してはかなり強い毒性があります。そのためPRTR法の第一種指定化学物質に指定されています。PRTR法によれば亜鉛水溶液は吸引長期毒性、水生生物毒性はAランク指定されています。吸引長期毒性がAランクということは人間が長期間吸い込んだ場合は内臓の機能や神経などに悪影響を与えたり、ガンを生じる可能性があるということです。亜鉛はミネラルとして人間に必要な元素ですが、多量に摂取すると慢性中毒を起こす恐れもあります。

プロテクトゼロは独自で開発した環境に優しいカルシウムで架橋する技術で製造しており、重金属を原料に一切使用していません。

プロテクトゼロ 価格(消費税、送料込みです)
大量の場合の価格お問い合わせ下さい。

プロテクトゼロ
18L(約1,800u)標準価格 22,050円

リスロンオタル 北海道小樽市若松1−9−7