モップ・モップ絞り機

水切りが良く丈夫で長持ち使いやすいモップ絞り機です。
ホーム >清掃資材 > モップ・モップ絞り機
モップリンガーは、バケツなどにセットして水に濡らしたモップの余分な水分を絞ることができます。
掲載はメーカー希望価格です。当店価格はお問い合わせください。数量まとまった場合は別途お見積。
モップ絞り機の選び方
モップ幅で選ぶ
それぞれ使える幅が決まっていますのでご確認下さい。
適切なサイズを選びましょう
18cmの絞り機に24cmのモップは・・・物理的に入りません(無理矢理入れれば入ります)
24cmの絞り機に18cmのモップは・・・入りますが、作業しづらいです。気にしなければ構いません。
モップの幅で選ぶ→18cm 21cm 24cm |床拭き用フラットモップ
手絞りと足踏みはどちらが良いか?
手絞り式 足踏み式
スクイザーM
耐久性に優れています。足絞りより高価。 比較的安価。使いつづけていると、水切れが悪くなっていきます。
その他(特殊用途)
スクイザーf8
オール樹脂
医療機関の清掃など金属部品があると困る場合
 
フラットモップ用
質問と回答集
ジョンソン・ディバーシー(シーバイエス) モップリンガー若しくはモップリンガーA2のいずれかが欲しいのですが、当方で吸着・絞りをする液体は、マシン油です。金属製で耐久力に優れているのはどちらでしょうか。 ともに金属製ですので、耐久力は同等と考えて差し支えありません。
選択のポイントは、普段使うモップの幅などで決めて下さい。
ジョンソン モップリンガー
18cm幅のモップに対応、バケツは市販のワックス、洗剤などの18〜20Lのペール缶に対応(腐食に強いエポキシ塗装版もあります)
モップリンガー A−2は 
18〜24cmのモップに対応、バケツは30L缶が必要です
モップ絞り機P2000は、取り扱っておりますか?

[index][サイトマップ][ご注文・お問い合わせ